自転車を高く買い取ってもらう為には?

しっかりとした洗浄とメンテナンスが高価買取の決め手

大事なのは買う人の気持ちになること

汚れた自転車は低く見積もられる

メンテナンスがされていない自転車だと、そのポイントについて、査定を下げられてしまいます。買い取る側もできる限り安く買いたいという事があるからです。そのためには、安く買い叩かれるポイントはできる限り無くしましょうという話なわけです。
今回は、自転車を高く売る為に、キレイに掃除して、ギアや、チェーンのメンテナンスもしておきましょうという話です。


そもそも、普段から砂ホコリや汚れを洗い落とすことをしていたかどうか?
また水洗いする場合にも錆びさせないという注意をしていたかどうか?


自転車の査定を下げる要因

例えば、よくあるのが、サドルを外した時に、サドルの取り付け部分が錆びている場合があります。
これは、洗車したり、雨に打たれたりした時に、浸透圧の兼ね合いでサドルを差し込んでいる部分に水が侵入してしまうからです。
また気づかずにそのままにしてしまって、サドルを外した時にサビが広がっているなんてことも少なくないのでこの場所は普段からキレイに拭き上げる事を豆に行うほうがいいです。

ブレーキについて

ブレーキも、ブレーキワイヤーが伸びていたりすると、余計に力を込めて握り込まないとブレーキが効きにくくなったりします。こういったポイントも査定側にマイナス査定をされるきっかけにもなりますので、しっかり整備しておきましょう。

ライトが曇っていないか?

自転車のライトも日中雨風にさらされる場所で、樹脂や、ポリカーボネート素材で作られてある場合が多かったりするので、ライト部分がくすむと光量が下がってしまいます。暗い夜道を照らすには、そのくすみがそのまま運転時の安全確保の領域となるので、しっかりとコンパウンドなどで磨いて透明度を上げておきましょう。また汚れている場合は当然ですがキレイにしておきましょう。

サドルの裏側が錆びている。

普段座るサドルですが、サドルの裏側というのは、スプリングがついていたり、鉄の素材で構成されていたりします。その鉄の素材の場合、つぶつぶのサビがついていたりします。ここも、風が当たりにくく、湿気がこもりやすい場所なので錆びやすかったりします。普段から、サビ予防のオイルを薄く塗り広てておくなどして予防しましょう。もし錆びついてしまっていたら、錆取り剤などで錆取りをして、その後コンパウンドで磨き、油を塗っておきましょう。

チェーンに黒い汚れがついている。

このチェーン部分は、油にまみれる事で掃除などをすると手が汚れやすいという事で放置する人も少なくありません。ですが、それを放置すると、自転車によってはチェーンカバーの裏側がとんでもないことになっていたりします。また、チェーンカバーがついていない自転車の場合は、ズボンを汚してしまう原因にもなりますので、キレイに不要になったタオルなどで拭き上げて上げましょう。

ギア部分の汚れもしっかり取り除く

チェーンがキレイになっていてもギア部分に汚れが溜まっているとチェーンが外れる原因になったりします。細いブラシなどで、キレイに汚れを取り除いてあげた上で、適切な油を塗ってあげてギアチェンジがしっかりされているかを確認しておきましょう。

泥除けカバーなどはキレイになっているか?

泥除けカバーがついている自転車の場合、その泥除けカバーの裏側にタイヤから弾かれた泥や砂汚れが付着している場合があります。その泥や砂が走っている間にチェーンやギアについてしまったりしますし、鉄でできているカバーの場合は、サビの原因にもなったりしますのでしっかりと水洗いして拭き上げて起きましょう。

GALLERY

正しくメンテナンスして、査定される準備ができたら次は高価買取査定をしてくれるサイトへ査定依頼をしましょう。
やはり買い取る業者によっては何をやっても低く見積もり会社もありますので、そういう会社は避けて自転車を高価買取してくれる所へ査定するのが吉です。

自転車高価買取査定サイト

こちらの自転車高価買取サイトでは、様々な買い取り情報を随時公開されてあります。
例えば以下であればこんな感じです。
いろいろ面白いですよね。こちらのママチャリ 高価買取 吹田市サイトでは非常に高く自転車を買い取ってくれますので自転車を売りたいならば一度相談されてみましょう。